【革靴】靴の延命・ハーフソールの寿命【節約】

節約

賛否両論あると思いますが、私は基本的にレザーソールにはハーフソールを貼ります。

スポンサーリンク

ハーフソールとは

以下のようなものがレザーソールです。

そこにゴムのソールを貼り付けたものになります。(レザーのハーフソールもあるみたいです。)

メリット・デメリット

個人的にはほぼメリットしかありませんが、履き捨てるつもりで靴を履く人もいるかと思いますが、そんな人でも滑りづらくはなるのでおすすめです。

メリット
  • グッドイヤー製法の靴のオールソールの延命ができるので、長期で履くなら安くなる。
  • 滑りづらい
  • 色が選べて自己満できる

蒸れやすいという方もいますが、個人的には違いを感じたことはありません。

デメリット
  • ハーフソールをつけるのにお金がかかる
  • レザーソールより蒸れやすい
  • 削れすぎていると綺麗に貼れない。プロに任せた方が良い。

ハーフソールの貼り方

二つ方法があり、一つは店舗で貼ってもらう方法、二つ目はキットを買って自分で貼る方法があります。

店舗で貼る

有名どころでいうとミスターミニットですね。あとはユニオンワークスですね。

メリットとしては少しソールが削れている状態でも継ぎ足しなどをして、プロの技で綺麗に貼ってくれます。

ミスターミニット
(スタンダード)
ミスターミニット
(プレミアム)
ユニオンワークス
(スタンダード)
ユニオンワークス
(プレミアム)
¥3,080¥3,630¥3,850¥4,950

昔にユニオンワークスで貼ったハーフソールがありました。

自分で貼る

ハーフソールのキットを買って自分で貼る方法です。

値段は安いですが、自分の時間が取られます。

セットもあります。

下記は自分で貼ったやつです。
段差はプロのようにいきませんが、履いているぶんには自分は気になりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました